sakenomi夫婦の1泊2日のsakenomi旅もいよいよ最終日。 

スポンサードリンク

本日は、勝沼ぶどう郷駅へ降り立ちました。

昨日の深酒+もともの寝坊助のmammiは、早起きなんてできません。旦那様ごめんなさい。

まずは、予約した、ランチへGO!

レストラン 風

こちらは、勝沼醸造さんの経営するレストラン。

ランチは、完全予約の2部制となっています。

本日は、ふるさと納税のお食事ペアチケットがありますのよ おほほほ・・・・

ローストビーフのランチコース(5000円相当)に、勝沼醸造の4種飲み比べセット(1500円くらいでしたでしょうか・・・)がついてます❤

これ食べて飲んで、住民税が返ってくるって、ふるさと納税ってどんだけ・・・

 

まずは前菜

IMG_0043.JPG

ひらひらしたキノコのスープ

IMG_0044.JPG

食感たまらない

そして・・・・まってました!

IMG_0045.JPG

じゃーーーーん!!

IMG_0048.JPG

おいしーーー❤

とろけるーワインにあうーーーー!!

 

あ。ワインのこと書くのわすれてました・・・

飲み比べセットですが、すべて勝沼醸造❤

まずは、アルガブランカ ブリリャンテ

スパーリングワインでかんぱーい。

スキッとした辛口。最後にふわっと甲州の存在感。

2つ目は、アルガブランカ クラレーザ

飲みごたえがありながら、とても透明で繊細。

これから来るお料理に期待を持たせてくれるそんなワイン。

3つ目にローストビーフに合わせて頂いたのは、アルガブランカ・ピッパ

甲州をフレンチオークで作られた樽で、半年寝かせ、瓶熟成を2年以上しています。

しっかりした飲み口は、お肉にも負けません。

むしろ、赤ワインのような渋味がなく、さわやかで、お肉の旨みのあとを追いかけてくるような心地よさでした。

デザートと頂いたのはアルガブランカ・ドース

甲州の極甘口ワイン

始めの一口はビックリするほど甘いのですが、飲んでいるうちに虜になる。

砂糖とか、そういう甘さでなく、柔らかくさわやかに去ってゆく名残惜しさ。

 

さて、デザートも頂いたことだし

IMG_0049.JPG

次の目的地へまいりましょう。

 

レストラン風から歩いて約15分(食後の運動にはぴったりですね)

丸藤葡萄酒工業㈱ ルバイヤート へ到着

wpid-wp-1442470654915.jpeg

IMG_0053.JPG

特徴的なRの文字。ワインのラベルにも描いてあります。

ここに来るのは2回目ですが、前回は仕込みの忙しい時期に来てしまって回れなかったので、今回は工場の中を見学させていただきました。

IMG_0051.JPG

wpid-wp-1442470775650.jpeg

wpid-wp-1442470609003.jpeg

wpid-wp-1442456015720.jpeg

IMG_0052.JPG

すぐそこにはブドウ畑。沢山生っていました。

ルバイヤートの白・赤・ロゼは、我が家のお気に入り。

とにかくおいしいのに、お安い。こんな金額でこんな美味しくてよいのですか?!

特に・・・こちらの社長(宮崎駿先生似)に教えて頂いた、ロゼを中華と合わせるマリアージュに虜。

私は、特にチンジャオロースとルバイヤートのロゼが合うと思うの!!!

あぶらっこい料理をどんどんすすめてしまう、このワインの奥深さに完敗(乾杯?)です。

 

さて、ここからはタクシーに乗車し、「ぶどうばたけ」というお店へ。

ワイナリーの名前は、菱山中央葡萄酒です。

ここは、今でも昔ながらの手作業でのワイン造りをしています。

そして、コンセプトは、ぶどう農家さんが自分たちで飲む晩酌用のワインを作ること。

美味しくないものは、自分で飲みたくないでしょう?

(だから、ワインボトルにラベルがありません!!!無印)

とてもシンプル。だけど、喜んでいる顔が強烈にイメージできる。

毎年仕込みの時期になると、自分のところで採れたぶどうを持って集まり、みんなでワイワイお弁当を広げながら仕込みをするとのこと。

しかも、一年分の仕込みを、たった数日で!?人力で・・・

農家さんは、みんなが一同に会するところへは、生半可なぶどうは持ち込めません。

プライドとプライドのぶつかり合い。

更に、機械ではなく樽のような機械を使い、人力でぶどうから果汁を搾り取るため、ぶどうが本来持っている果汁の、だいたい2~3割の果汁しか取れないそうです。

なんて贅沢。(ちなみに、機械にかければ7~8割くらいは絞れるんですって)

雑味のない、この味、一度飲んだら忘れられない。

そして、造っている方々のそんな風景や思いを思い浮かべると、ただのおいしいワインではなく、とてつもなく大事なもののような気がしてきました。

 

大事に大事に育てられたぶどうは、夏の日差しにきらきら笑っているようでした。

wpid-wp-1442470309173.jpeg

wpid-wp-1442470573144.jpeg

 

最後は、いつも通り「ぶどうの丘」の天空の湯で汗を流し、なかよく帰路につくsakenomi夫婦なのでした。

 

おしまい

 

 

番外編

信玄餅って知ってますよね?桔梗屋さんの。

なんと、アイスになってました!!!

激ウマ。

持って帰りたいよぅ・・・

wpid-wp-1442470818573.jpegwpid-wp-1442470803902.jpeg