sakenomi夫婦の山梨県白州~勝沼ぶどう郷 1泊2日の旅! 

スポンサードリンク

事の始まりは、ふるさと納税。

ふるさと納税は、今やすっかりおなじみになりました。

好きな市を選んで寄付をすると、プレゼントがもらえてしまうというまさに夢のような制度です。(注 本来は違います あくまでも寄付ですよみなさま)

私たちsakenomi夫婦は、ディンクスでバリバリ?働く夫婦なので、ふるさと納税の恩恵に二人してあずかれるのでした。

ふるさと納税についてくわしくはこちら

数年前から、山梨のワインにはまり毎年1~2回は通い、勝沼醸造さんが経営する「レストラン風」に行ってローストビーフを食すことが楽しみとなっています。

ふるさと納税を何にしようかネットサーフィンしていると・・・・

大好きなレストラン風のお食事券があるではないか!!!

これを理由に、勝沼いっちゃお❤ふふふ   ・・・・・・・・・・・・・ぽちり。

 

 

さて、実際に行ったのは少し前のお話。

2015/8/1 快晴!!あちちち・・・

スケジュールは、まずは小淵沢駅まで行き、サントリー白州醸造所&南アルプスの天然水工場。ガイドツアーに参加します。

DSC_0194

11:00頃付きましたが、すごい人人人・・・・

ひゃー。マッサン効果はここまで・・・

所で、白州のボトルの色、みなさんご存じですよね?

IMG_0033.JPG

これこれ。

きれいな深いグリーン。

IMG_0034.JPG

こんな豊かな緑の中で醸造されてるなんて知ったら、本当に「森薫るハイボール」から森薫っちゃいますよ。

鳥の声、さわやかな風、美しい緑・・・

 

ツアーは、バスに乗り、まずは南アルプスの天然水の工場へ。

工場は平成25年に新しく竣工したもので、とてもハイテクで未来的。

DSC_0211 (1)

中も、白と水色を基調とし、清潔感や清涼感が感じられます。

DSC_0208

DSC_0209

南アルプスの天然水は、このきれいな自然が生み出したもの。

降った雨や雪が、およそ20年かかって自然によって濾過されたもの。

くみ上げて、ボトリングしているそう。

そして、その工場内部は、薬品の工場と同じレベルの管理がされているそうだ。

貧乏人夫婦はこう思う・・・・・・・一体この工場いくらかかってんだ・・・・

そして、おいしい水を提供できる自然に感謝し、森を守る活動をしているそうな。

もう、ペットボトルの水のことしか考えてなかったため、話が壮大すぎてめまいがする・・・

サントリーさんの企業努力には頭が下がります。

 

南アルプスの天然水工場を後に、お待ちかねのウイスキー白州❤

熟成のための貯蔵庫へ

wpid-wp-1442455805816.jpeg

wpid-wp-1442455829910.jpeg

数えきれないくらいの樽が眠りについています。

起こさないように(?)、なんだか静かになるmammi。

そして、お届けできないのが残念なのはこの貯蔵庫の香り!!!

強烈!!!!!!!!!

この香りをかぎながら水飲んだら、ウイスキー飲んでる気分になれると思う位の強烈さ。

お酒の飲めないかた・お子様・・・

次々と貯蔵庫の外へ逃げていらっしゃいました。

肌からアルコール吸収しそう・・・

夏は、樽の中のウイスキーが呼吸をする季節なんですって❤

ああ・・・幸せな香り。

この香りには、リラックスこうかがある事が研究でわかっているそうです。

アロマと一緒ね。

 

工場見学のクライマックスは、もちろん試飲。

IMG_0035.JPG

いっただっきまーーーーす❤

うまーーーーーーーーーーーーーい❤

森薫る~~~~~❤(オイオイ)

IMG_0032.JPG

ショップでお土産も沢山買いました❤

 

白州が大好きになったsakenomi夫婦でした。

 

続く・・・