ハイボールファンの皆さん、必見です。

スポンサードリンク

マッサン効果はとどまることを知らず、世の中は相変わらずウイスキーブームです。そして、新たなウイスキーが2015年9月1日、愛知県の知多にて産声をあげました。それが、「サントリーウイスキー知多」。サントリーのウイスキーブランドとしては11年ぶりの新銘柄となります。

サントリーウイスキー知多

サントリーウイスキー知多公式サイト

知多蒸留所が設立されたのは1972年。意外なことに、白州蒸留所は1973年に設立されたので1年先輩にあたります。

知多はシングルグレーンウイスキーです。本来、一般的にグレーンウイスキーは香味に乏しく、ブレンデッドウイスキーの原料(グレーン原酒)として使われるのが主流です。知多蒸留所ではこれまでも3種のグレーン原酒を元に、素晴らしいブレンダーの手により様々なウイスキーをこの世に送り出してきました。そして知多は、そんなブレンダーの探究心と革新を元にグレーン原酒のみでシングルグレーンとしてその香り、味わいを確固たるものにしたのです。

どんな飲み方がいいのでしょう。サントリー公式サイトにはこのように記載されています。

「サントリーイスキー知多」の魅力は、

ハイボールで花開きます。

その名も、「風香るハイボール」。

確かな熟成感を残しながら、

風のように軽やかな飲みごこち。

清々しくやさしい香り、そして、

ほのかな甘みが甘みを引き立てます。

居酒屋でワイワイ飲むハイボールもおいしいですけど、こうやって風をイメージしながら飲むのも、ちょっとおつな感じがしますね。

hi