mammiとyantaの沖縄いい感じ居酒捜索はまだまだ続きます。おひとりさまでもグループでも、あたたかいおもてなしで沖縄料理が楽しめる「まーちぬ家」。この居心地のよさは何?初めて来たとは思えないほど、ほっとできる場所でした。

スポンサードリンク

沖縄中毒になってしまう人の気持ちがわかりますね。
程よい異国感。だって、1月だというのにyantaは半袖でふらふら。私も半袖にジャケットで。寒い寒いと震えていた関東とは大違いでした。

さて、ご無沙汰となってしまいましたが、sakenomi365は今日もおいしい沖縄の話。

前回、「けん家」さんへ行ったあと、まだまだ沖縄を楽しみたくて伺ったのがこちら「まーちぬ家」さん。お店の外観も本当に素敵❤

DSC_0383DSC_0385

木や緑が目を引く、ジャングルのような外観です。
中はどんななのかドキドキします。扉を開けて~
DSC_0395DSC_0394

いいでしょ?いいでしょ????
もう、いい雰囲気❤
お客さんいっぱいでしたが、奇跡的に2席空いていてはいれました。
グループのお客さんは大盛り上がり、カウンターはゆったりの空間でした。
お客さんいっぱいでしたので、店内写真は撮れませんでした・・・

さて、泡盛が呑みたいのでさっそく注文❤
かめに入った泡盛気になるよね~♪
DSC_0403
DSC_0397

琉球グラスでいただきます。きれいな色。

先ほどけん家さんでしこたま食べたので、おつまみ程度しかはいりません・・・

どれにしようかな~~~・・・・・???・・・・・ん?????
DSC_0390「どぅる天」て何????

 

 

地元の食は地元の酒によく合うことがわかっているんで、わからないけど頼んでみよう!
出てきたのはこちら↓
DSC_0398

見た目は普通。
超どきどきしながら食べましたが、これがおいしいの!
とろっとして、塩味のシンプルな感じで、一体なんなのか分からないけど美味いの!
わからないままですと、記事にならないのでしらべました。

”どぅる天”とは、”どぅるわかしー天ぷら”を略した呼び名。”どぅるわかしー”は、田いもを蒸して、豚肉やかまぼこ、しいたけなどを加えて練り上げたもので、それを丸めて、衣をつけて揚げたもの。1980年代に誕生したといわれており、現在では沖縄各地の料理店でも提供されるようになったという。
外側はカリッと、中身は田いも独特の粘りのあるモチモチ食感が楽しめる。
ちなみに田いもとは、浅い水を張った畑で栽培されるサトイモのことだとか。

へ~~~~~。

泡盛にもビールにも最高に合いますので、是非沖縄へ行ったときにはご賞味下さい。
手作りだと、お店によって味もちがうんだろうね~。また食べたくなってきました。

サービスで感動したのが、この「まーちぬ家」さん、お料理がボリューミーだそうで、二人の私たち、そして2件目という事がわかると、お料理の料も減らして、二人に合うようにしつらえてくださいました。
こういうサービスを、初めてのお客さんにきちんとしてくださるお店ってどのくらいあるんでしょう。
お客さんに寄り添ったサービスにも感動しました。
また行きます❤

お店まーちぬ家
営業時間17:30~24:00
日曜
住所沖縄県那覇市前島2-7-14
電話番号098-863-5159
ホームページなど
アクセス・その他