sakenomi365、大船に進出です。着々と新規エリアを開拓していきますよ。今回は大船の北口徒歩2分のなお吉に行ってきました。

スポンサードリンク

神奈川に複数店舗を構える焼き鳥屋さん

調べてみるとなお吉は大船のほかにも海老名、藤沢にも支店があるそうです。そして本店は大和。どこも居酒屋激戦区。気合が伺えます。

大船のなお吉も17時オープンで、オープン直後から次から次にお客さんの波がありました。僕たちSakenomi夫婦は運よく入れましたが、予約できるならしておいたほうがいいですね。予約していなくて入れず、帰っていくお客さんたちの姿を何人も見ましたから・・・。
お通しはキャベツ(チャージとして一人300円)。

ぜひレバーはご賞味あれ

焼き鳥のメニューはこんな感じ。

これは完全に個人的な持論ですが、焼鳥屋の一番目のメニューに外れはないと思ってます。つまり、なお吉の場合はレバー。これは頼まないわけにはいきません。

そしてこちらが頼んだレバーになります。とにかく身が大きくやわらか。臭みも無く絶品でした。

どんどんいきますよー!

つくねは2本セット。

こちらのももはタレで。

個人的にはももが大ヒット!塩でおかわりしました。

焼いた鶏皮を塩でいただいたり
ポン酢としょうがでいただいたり。

すぐに品切れ

食べてるそばから、次から次になくなる食材。人気店ならではのあるあるではあるものの、食べられないなら意味がありません。是非早めの来店をお勧めします。

特に人気のレバーとレア系部位は希少性もあってすぐ品切れになる傾向にあるようです。開店から後半はももとハツしか食べられなかったという口コミもあるのでその点は今後改善されていくと嬉しいのですが。

さて、焼き鳥がなくなってきたのでお野菜系も。

銀杏の触感が大好きです。

もちろんしいたけも。

やっぱりニンニクは外せませんね。

焼き鳥メニュー以外も豊富

最後の〆メニューも色々ありましたが、Sakenomi夫婦は焼きおにぎりをオーダー。やっぱこれでしょう!そして、焼きあがるのに少し時間がかかるということだったのでおつまみも追加。

塩辛、チャンジャ、梅水晶のお酒がすすむ3点セットで500円。リーズナブルです。お味もGood。

〆の焼きおにぎり。

そして焼きおにぎりもこんがり焼かれ、最高の香ばしさ。スープもついているのでスープにつけて食べるのもオツな感じでした。

雰囲気良し。お会計は、個人的にはリーズナブル。

食事はかなりの量をいただき、お酒は二人で6杯。代金は7000円でした。もっと高いかなと思うほどに満腹になったのでCPは十分に良いと思います。

そして何より、常連とスタッフ。スタッフとスタッフの仲がとても良い。たまに店長クラスが新人をいびってるようなお店がありますが、あれって何がしたいんでしょうね?あんなの目の前で見せられてもお酒がまずくなるだけなのになぁ。そういうの、怒ってる側は理解できてないんでしょうかね。

なお吉はそういうことがなく、むしろ楽しそうに、だけど無駄話をするでもなく本当に楽しそうにお仕事をしていたので、食べているこちらも楽しくなるようなそんな環境でした。

そして注文を受けるスタッフの愛想も元気もよく、和気あいあいとした店内は気持ちよくお酒を飲むに最高の空間だと感じました。

是非、大船の「なお吉」。予約をして早めの来店で楽しんでみてください。

関連ランキング:焼き鳥 | 大船駅富士見町駅